お気をつけて

  • 2018.10.20 Saturday
  • 14:43

一年に何度も来てくださる●●さんご夫妻。今回は趣味のバイクでツーリング。

一昨日は長野の風情ある渋温泉で一泊、地獄谷野猿公苑で温泉につかっているお猿さんなど眺め、横浜へ戻る途中に「まきば」で骨休め。奥様のバイクも180Kgぐらいあるそうな。厚着でロボット状態だそうです。どうぞお気を付けて。またのお越しをお待ちしています。 

 20181020_3331898.jpg  

 

 IMG_6903.jpg  

  10時過ぎ、お見送りの写真

今日はサッカー11時から

  • 2018.10.20 Saturday
  • 09:54

第97回全国高校サッカー選手権の山梨予選が開催されています。

いよいよシード校の帝京三高が小淵沢のホームグラウンド(絵本の村の近く)で11:00にkickoff、都留高校と対戦します。

駐車場も広くなりましたのでぜひ皆さん応援に行きましょう!チームカラーは赤です。

 

北杜高校は東海大甲府高グラウンド 13:30 kickoff

 

20181020_3331961.jpg

 

カボチャを切っただけなのに

  • 2018.10.16 Tuesday
  • 14:24

今朝は暗いうちから唸っていた。

痛すぎて寝ていられない。

ガバッとベッドに起き上がって腕の付け根を一生懸命なでる

「痛い痛すぎる、どうすればなおるの〜 んん〜ん」

どうしようもない。「んん〜ん、いたいよ〜」

一生懸命なでるしかない

今日は胸の部分と背中の部分、肘、指先までジンジンする

そして考える

「なんでこんなに痛みが出たんだろう?」

そして思い当たった

夕べ、天ぷらを揚げようとカボチャを切った。

まず、真ん中付近に包丁の先を入れてから

体重をかけて下におろす

もう一か所も同じようにするときれいに切れる・・・はず

でもこの日のカボチャは硬かった、

本当においしそうな栗カボチャで

包丁を当てただけですぐわかった。

でも本当に硬かった・・・

というより私がいつものように力を入れることができなかったこともある。

無理をした、肩の痛みを我慢して切り分けた

それをさらに薄く切っててんぷらにした。

力が必要で、かなり無理をした。

でもおいしかった。ほくほくとして本当においしいカボチャだった。

馴染みのお客様も「美味しいカボチャだね」

と大絶賛。うれしい言葉に満足満足。

「今日一緒にプレイされたテニス仲間の方が分けてくださったんですよ。」

会話が弾んだ。楽しい夕食だった。

 

でもまさか次の朝こんなに痛みが出るとは思いもしなかった。

「ああ、俺が切ってやればよかったな」と夫

キャベツの千切りも今は早くは切れない。

いただいた燻りガッコの時も何度もキコキコ切らないと痛くて切れなかった。

その時は我慢できるのだが

朝方の痛みは何としてもきつすぎて・・・

その痛みを避けるため細心の注意を払って行動をする日々。

だいぶコツがつかめてきたのだが・・・

でも油断するとこのようにお仕置きが来る。マイッタ

神経が傷むとはこういうことなのか。

とにかくまだまだテニスの素振りすらできない状態である。

 

❤忘れもしません7月26日、レッスンの後一輪車で山盛りにした雑草を捨てに行ったとき、つい右腕をひねってしまったのです。

その時はそれほどでもなかったのですがだんだん手が上がらなくなり服の脱ぎ気もままならず

朝方になると激痛が走り寝ていられず寝不足状態が続き、自己判断ではどうしようもなくなってしまいました。

いくら病院が嫌いな私でも止む無く、とある整形外科へ・・・

骨は異常なし、(私にもわかります。ハイ)  で画像診断の結果、

「神経が傷んでいる」そうで「治るのに時間がかかります。」とのことでした。

「筋肉と神経どう違うんですか?」

「区別は難しいのですが神経が切れれば痺れや麻痺がおこります。」ギョ!右手だよ困るじゃん

その時ぴ~んと来たのが足の親指のこと、全く感覚がなくなっていた。そのくせ痛くて・・・

(そうか、あれは神経が切れていたんだ。だからあの時医者は治らないと言ったんだ)

痛みを抑えるのには湿布薬、飲み薬、または肩への注射(ブロック注射というものか?)

その日は肩への注射を生まれて初めてしていただき、

「どのくらい効き目があるかよ~く観察して来週必ず来るように」とのことでした。

湿布薬をもらい、痛み止めは日頃愛用のものにするということでご遠慮申し上げ家にもどりました。

注射も湿布も効いたのでしょう。翌朝は久しぶりに7時過ぎまでぐっすり休めました。

その後もう一度病院へ行き、先生から諸注意をいただき、というか質問攻めで

自分が出した結論は対処療法の注射はしません。湿布だけいただき「自分で治します」

だって足のケガも15年かかったけれど自分で養生しジャンプもできるようになったのだから・・・

先生も私の考えに共感してくださるように(あきれていたのかも…)笑いながら

「何かあったらいらっしゃい」といった感じでした。

人間味があって本当にいい先生だなと私は思っています。

で、毎日体の声を聴く日々が続いているのであります。

テニスは当分できそうにありません。出来ないということは・・・・・・

(ヨヨヨと思うでしょ)

 

ところが、時間ができるということで私には結構うれしい。ヤッホー

ただし、衣替えの時季、冬ズボンがほとんど入らなくなり青ざめています。トホ

今日も夫は元気にテニス。

皆さんがプレイしている姿を見ることも楽しいのでやっぱりテニスは好きです。

気長に養生して行きます。全くご心配なく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM