人生はチャレンジ!

  • 2013.02.17 Sunday
  • 20:52
昨日の「男の料理教室」のお話しです。
今回は他の行事とも重なり、男性は15(初参加7)名でした。
食生活改善推進委員の女性5名、男女共生をすすめる会より3名  計 23名
男性4名+女性のお手伝い1名が一つのグループになり調理をします。
口を出しても手を出すな が女性の方へのお願い、つまり見守り役です。

手慣れた様子でどんどん勝手に作業をすすめる方あり、一つ一つ丁寧にレシピを見ながら
取り組む人あり、いちいち女性に確認をし、あごで使おうとする人あり…

女性を頼ってはいけませんよ。ましてや下働きに使ってはなりません。
自分でよく読んで、素直にそのとおりに作ってみて下さい。コツがつかめます。
コロッケはいい加減に作るとパンクしますからね。油断しないでください!

と、しっかり脅し「レシピを見ながら調理する」体験をしていただきました。

     ここだけの話;会長って当日はとっても楽なんだと意外なことを発見しました。
     みんな周りの方が動いて下さるんですもの(本当に感謝感謝でした)

1人残された男性のいちばんの苦労は「調理」というアンケート結果があります。
掃除洗濯は毎日しなくても何とかなりますが、食べることは一日3回。
しかも、その内容で健康の良否がわかれ、自分に跳ね返ります。
 
 …翰することに関心を持ち、体験していただきたい。
◆…翰をしてくれる人への感謝の気持ちを忘れないでいただきたい。
 医食同源、健康で長生き、食生活を見直すきっかけとしていただきたい。

これらの思いでこの教室を始めて6回目(年1回)の今日でした。
私は全参加、会長としては初めてという立場でした。

今日は食生活改善推進委員の方から塩分濃度のテスターで塩味体感していただきました。

この料理教室では、みんなで食事をしながら簡単な自己紹介や料理の感想、
今後の希望など1~2分話していただいています。

奥様を亡くされたり、病気がちだったりでご自分で作られている方、
料理大好きな方、ここのレシピを奥様に作ってもらうのが楽しみな方、
実際に家で作ったと誇らしげに報告して下さった方、
高級「男の料理教室」に通っていたけど食べることが目的だったような方、
うどん作り名人、燻製作り名人、パン作り名人もいらしたようです。

なんだかいつもより深い話しになって、心に残るひとときとなりました。
こういう会に参加してみようと思われること自体
もうその方にはチャレンジ精神があるということの証明に思われてなりませんでした。
もう年だから…なんて死語にしましょう。
この世を去るその日まで明るく前向きに生きていけたら最高ですね。
お手伝い下さった皆様も含め参加ご協力本当にありがとうございました。
来年またお会いいたしましょう。

 メニュー 1、メンチ風コロッケ  2、ぶり大根(量やや多めです)3、白菜サラダ
     4、紫黒米  5、かき玉汁  5、ユズゼリー  6、漬物 

 テニスの仲間が初参加(ありがとうございました)








「男の料理教室」参加者大募集!

  • 2013.02.05 Tuesday
  • 23:23

      今年もやります。男性のための料理教室。「体験編」Part6
   少しでも調理の機会を持っていただきたい。楽しんでいただきたい。
 奥様の苦労を知っていただき、感謝の思いで夫婦更に仲良くなっていただきたい。   のです。
         医食同源 健康で長生きできますように・・・ 


        主催:こぶちさわ男女共生をすすめる会
       協力:小淵沢区食生活改善推進委員の皆様

      日  時:平成25年2月16日(土)午前10:00〜午後1:00
      場  所:小淵沢生涯学習センター調理室
      会  費:500円(当日)
      定  員:20名(初心者大歓迎)
     申し込み先:小林千鶴子(大東豊)Tel36−2415 Fax36−2685
             makiba@ruby.plala.or.jp

      *エプロン・三角巾・マスクなどの身支度をご用意ください

     メニュー ・メンチ風コロッケ  ・ブリ大根  ・白菜サラダ  ・かき玉汁
             ・紫黒米入りごはん ・デザート

        お申し込みお待ち申し上げます。 

    

大型紙芝居上演しました!

  • 2012.10.22 Monday
  • 21:34
 昨日の日曜日は

 尾根区はつらつシルバーの集い(65歳以上対象)にて

  「男女共同参画社会」に向けての大型紙芝居を上演しました。

  タイトル
女(ひと)と男(ひと)が支え合う社会とは?」                                                                                                 作・こぶちさわ男女共生をすすめる会        はじまりはじまり〜〜 


男女共同参画社会とは 
 「男女共同参画社会ってなあに?」
「 参画 っていうのは社会の仕組みを作るところから関わりましょうということなの」
「そうね、この紙芝居を見ながらみんなで考えてみましょうか」

農業委員その1
「農業委員に女性を出そうよ その1」
「たまには女性を出してはどうかと思うんだが…どうだろう」

農業委員
「農業委員に女性を出そうよ その2」
肝心の女性の意識は…
「私なんてとても無理です。」
「最初からできる人なんて男だっていないさ。そろそろ女の人も勇気を出さなきゃあ。」

さてここで会場の皆さんに質問です。

北杜市47名の農業委員の中に女性は何名いらっしゃるでしょうか?

「5名!」 ハイ 「4名!」 ハイ 「3名!」 ハイ

 「2名!」 ハイ   「1名!」  無し   「ゼロ!」  無し


それでは正解です。

なんと!

ゼ  ロ  です。

会場 どよめく

ね、やっぱり なんか変でしょ。 こういう仕組み・・・ 

まだまだ、男だから、女だからという考えが残っているんですね。

ちょっと見直してみませんか?


こんな調子で 会員3名と地区役員の方7名を交え1回だけの顔合わせ

殆どぶっつけ本番。 合計 7幕上演しました。

あいにく紙芝居をしているところの写真は撮り損ねてしまい、最後に記念写真をぱちり

ご覧くださった方は役員さんを含めると50名くらいでした。

共演者の皆様  尾根区の皆様

「男は台所に立つな」

「おばあちゃんの一言」

「よ~く考えよう、介護の話だよ」

とにかく、役者が揃っていまして、上手いのなんのって

真面目な内容で、笑えるわけではないのですが、少しオーバーに演じていただき

知っている人が上手に演じている姿に親近感を覚えてくださり 掛け声に笑いがこぼれます。

とっても和やかな雰囲気で、楽しんでいただきました。

「へ〜〜こういうことだったのか〜〜〜」  と

より多くの人に少しでも男女共同参画について知っていただき

男女が共に支え合う心豊かな住みよい地域づくりを目指し

小淵沢を中心に活動を進めているのが

「こぶちさわ男女共生をすすめる会」  と申します。

会長の 小林 でした。

追)市の男女共同参画推進委員会へも委員として協力しています。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

テニスサークル

甲信越旅行

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM