パイプの役割

  • 2019.03.15 Friday
  • 22:08

昨年の台風24号では、自然災害の少ないと言われる小淵沢でも大量の雨により道路が陥没する被害が起きた。

市から区へ区から組へ

台風が過ぎ去りその日のことだったろうか…

小淵沢町大東豊区に属する我が家には、テニス仲間でもあるU組長さんからこんな電話が入った。

「区長さんからの連絡で、市の予算が準備できているので、被害状況をすぐ知らせて欲しい。」と

夫はさっそくいつも水浸しになる近くの無舗装道路へ点検に行き報告をした。

「今回は対応が早いな…」と夫。まさかあちこちでこんなに被害が出ていたとはつゆ知らず。

●市長と県議と県と国

この時の迅速な危機対応の裏話が、先日「大柴くにひこ総決起大会」の時、渡辺市長より明かされた。

「台風24号の時、あちこちの現場を視察した大柴県議がまっ先に市へ駆けつけてきました。『これはすぐ激甚災害の申請をしたほうが良い』その位ひどい状況であるとの報告を受け、すぐに県へ手配することができました。」

あ〜そうだったのか。市から県へ県から国へ。初めて予算の仕組みが見えた。

多分最終予算は国から降りたのではないかと(勉強不足でゴメンナサイ)

国会議員のあいさつの中でも大柴県議から連絡を受けていたことが述べられた。

県議会議員としてしっかり職務を果たしてくれているのだと信頼が持てた。

長崎新知事のあいさつの中では土木森林環境委員長としてさらに踏み込んだ提案がなされたようだった。

●足元のパイプ

区に入らない人が増え続けている昨今。市との連絡も、どのようになっていたか定かではない。

足元のパイプはつながっているのかぜひ点検して欲しい。

また、繋がっていても自己虫が目詰まりを起こしていないことを切に望む。

 

*・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・*

自助・共助・公助 防災対策などでよく聞く言葉ですが、

財政の破たんしていた米澤藩を上杉鷹山はこの考えで立て直したと言われます。

パイプで繋がりながらもやはりそれぞれの立場での努力が大切なのだと私は思います。

ちなみに福祉では自助・互助・共助・公助となり若干意味も違うようです。

 

現地視察をしている大柴県議

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

圭君・なおみちゃん W残念!

  • 2019.03.13 Wednesday
  • 13:09

圭君の内容は時間ができた時確認するとして…

なおみちゃんは同い年のべリンダ・ベンチッチに「負けることはできない!」と闘志を燃やしていたようだったが…

ファーストサーブの確率が1セット56%、2セット50%、エースたったの1本、3:6 1:6 の完敗

ヒンギス2世と言われているべリンダ。ひょっとして因縁のライバルになるのかも? 

 

ただし、嬉しい分析をしている方がいる。詳しくはこちら

これだけの課題がありながら、全米、全豪に優勝し、世界1位にいる。つまり、これを改善できれば、無敵の女王が完成する。【吉松忠弘】

 

「ベリンダ・ベンチッチ」の画像検索結果

 

出生率(しゅっしょうりつ)

  • 2019.03.12 Tuesday
  • 11:20

こんなランキングがあった。不動産住宅サイトのデーターである。

 

日本の全国出生率 1.49

山梨県の出生率  1.44

北杜市の出生率  1.42

 

5年ほど前、市の男女共同参画推進委員をしている時、地域部会で少子化対策の勉強をした。

上記のように、県の平均よりも北杜市の方が低いことにみんな衝撃を受けた。

その理由を探っていくと、北杜市の場合は「独身の男女が多い」ことがわかり

つまり結婚しない人、できない人、しようとしない人が多い、という現実が見えてきた。

さらに考察していくと、所得が低い、家付き土地付き親付きが多い、出会いの場が少ないなどが挙げられ、

何か行動しなければ…と「婚活イベント」を小淵沢で実施したことがあった。

 

出生率の多い町の条件も調べてみた。

子育て支援の充実ももちろんだが、やはり「働く場所の確保」は最重要に思えた。

 

今、農業振興策で企業誘致が進んでいる。(大柴邦彦さんの議会レポートより)

 明野町 上手 (村上農園、アグリマインド、明野九州屋ファーム)

 明野町 天王原(志田北杜ワイナリー)

 須玉町 江草 (アグリサイト)

 高根町 箕輪 (カゴメ)

 大泉町 西井出(オリエンタルランド)

 武川町 山高 (日通ファーム)

 

山梨県でも耕作放棄地面積がダントツで多い北杜市としては農業関係の企業誘致が有効なのかもしれない。

若者の就業対策に結びつくかはわからないが北杜には北杜に相応しい取り組みで活性化を進めて欲しいと思う。

後継者もなく重荷となった農地を太陽光発電へと切り替えたくなる気持ちもわからなくはない・・・…が。

 

みんなで知恵を絞れば未来はきっと拓ける。素晴らしい故郷ができるだろう。

選挙公約に耳を傾けるのも良いきっかけになりそうだ。

この景色に似合うのは、パネルかプレハブか雑草か緑か住宅地か工場か…選択はいろいろ

20190312_3473302.jpg

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

テニスサークル

甲信越旅行

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM