男の仕事 その3

  • 2009.11.26 Thursday
  • 21:11
行ってきました朝3時、
夫のPRが功を奏し我々含め6人参加、その他にも知っているお顔がチラホラ。好きな人がいるものですね。
さて、百聞は一見に如かず。
我々が現場に着いた時の様子。8m×16mの車道が吊り上げられ準備万端
日本一のクレーンが軽々と65tの橋(右奥紺色)を吊っている様子。


一緒に出かけた人たちが車道を受ける架台というのかな?をのぞいている後ろ姿もご紹介


JRの電気を切り安全作業ができるのは3時30分から1時間


集中した雰囲気がみなぎっている(左から2番目が親方)






(右端)親方だけが動き回り微調整に入る その差たった4ミリだというびっくり


すべての調整が終わり金具で親方が固定


足場と橋がしっかり合体


この寸法の予備・ゆとりはどのくらいあるのかとても気になり朝食の時さっそく親方にお聞きしました。なんと、たったの4ミリだそうです。
 ギョ (@_@;)たった4ミリ!何としても信じられません。私もおハズかしながら(比較にはなりませんが)設計に携わっておりまして…必ず膨張率などを考慮しバカ穴といって予備を見るのが普通なのですが、大きくなればなるほど予備率は増えて行くものだと認識していました。いやはや日本の技術って大したものなのですね。合わなかったらやり直しですよ。全く…
現地で穴あけ、なんてこともあるそうです。やっぱり…
なにはともあれ、今回は大成功でした。

つづく

にほんブログ村 テニスブログへ にほんブログ村 旅行ブログ ペンション・民宿・貸別荘へ
(ランキング参加中です。ポチッとクリックお願いします。)



コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

小淵沢でテニス

にほんブログ村 テニスブログ テニスサークルへ

新しい出会い

にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越旅行へ

高原でテニス

にほんブログ村 テニスブログへ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM