民宿のおこり

  • 2007.11.01 Thursday
  • 21:20
民宿はもともと海の家、山の家の延長から発祥し、安くて、気軽、故郷へ帰ったようなおふくろの味、が「売り」でした。
宿の人がお客様と一緒に食事をとる、なんていう所も結構ありましたよ。(若い頃いろいろ泊まりましたので・・・)宿の方のお話を聞いたり、いっしょになったお客様と話が弾んで住所の交換をしたり・・・そうそう今でもお付き合いをしている友人がいましたっけ・・・と話がそれましたが・・・
国が力を入れ推奨し始めたのがオイルショック後、高度成長期から安定成長期に入る昭和47年頃からだったと思います。サラリーマンの休暇対策として・・・
そして昭和48年5月「民宿まきば荘」がオープンしたのでした。(もち、私はおりません)先代の万亀子さんが女将さんでありました。

                   つづく



とは限りませんので悪しからず(*^。^*)
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM